徳島の屋根工事(新築工事、葺き替え、雨漏り修理、リフォーム)、瓦販売を行う「いい屋根屋−東内つとむ商店」です。
淡路瓦、三州瓦を使った屋根工事と太陽光発電システム、その他古瓦を有効活用する方法まで・・・。
熟練の職人が納得いくまでサポートいたします!!
よくある質問
悪徳訪問業者にご注意下さい

増える悪徳業者にご注意を…
徳島県内でも訪問販売業者による
屋根リフォームの被害が増えています!

一般的に、どの悪徳訪問販売業者も、
一人暮らしの年配の方を中心に、言葉巧みに
オーバーな表現で、断っても昼夜問わず何度
も訪問し、屋根へ上がり強引な屋根診断
で、
いろんな手口や方法を使い、私たちになりふ
りかまわず迫ってまいります。(たぶん悪徳
訪販専用のマニュアルでもあるのかなあ?)

ここ近年徳島県下の地域でも、普段気をつけ
ていても、つい悪徳訪問販売業者の手口に引
っ掛かってしまい、通常そこまでしない高額
な金額で、屋根のリフォームをさせられ被害
を被った方々を知り、私は屋根工事業社とし
て、プロの瓦職人の一人として、本当に痛た
まれず、腹立たちささえ覚えます。

こんな経験ありませんか?

徳島の悪徳業者がやって来た時の、よくある最初のパターン。

●「近所で屋根工事をしてて、そこから見たらお宅の瓦が浮いてる。」
●「屋根瓦が傷んでます。このままでは大変なことになります。」
●「棟の下の面戸シックイがとれて、赤土が見えている。」
●「直しておかないと雨漏りしたり、地震がくると大変なことになる。」
●「今ハシゴで上がって見てみましょうか?…あっ!瓦ずれてますわ!」
●「近所でしているから、50万を35万円に安く工事します。」

悪徳リフォーム業者のよく使う手口
よくある質問
Q.1 屋根にはどんな瓦があるのですか?また、それらの特性の違いを教えて下さい。
A.1 屋根材には、大きく4つに分かれます。
  1. 粘土瓦・日本瓦・・・粘土で焼いたもの。
    例)日本瓦いぶし瓦、釉薬陶器瓦、淡路瓦、三州石州瓦、平板瓦
  2. セメント・スレート・・・セメントを主として固めたもの。
    ・厚型セメント 例)エアルーフ、ニューフレンチ、S型スレート
    ・カラーベスト 例)コロニアルNEO、セイバリー、クアット、スぺリアル
  3. 金属屋根材…鉄、銅、金属合金を材料とたもの。
    例)銅板葺、波トタン、金属瓦棒、エバールーフ、アポロルーフ、折板
  4. その他の部材・・・
    例)シングル、かやぶき、杉皮、ソギ、ルーフィング
各素材の特徴
よくある質問
Q.2 雨漏りの修理はお願いできますか?また、料金はどのくらいになりますか?
A.2

勿論、喜んでお引きうえ致します。当社は、「雨もり修理」、「雨もり部分のふき直し」も行っています。雨もりというのはいろんな原因で、ちょっとしたことや、思いがけない所から雨が入り、天井へ落ちたり、柱を伝ってきたりします。雨漏り修理で大事なことは、まず原因をつきとめることです。過去に、ある飛び込み業者で原因をつきとめず、全ての穴や隙間をコーキングしたり、半素人の方が「これだろう」という予想で、雨漏り原因と違うところの瓦をまくって修理した結果、まったく雨漏りが止まっていなかったというトラブルの例がありました。当社は長年の雨漏り修理の実績と経験を活かし、更に原因をつきとめた上で修理をさせて頂きます。そうすることにより、きっちりと雨漏りも止まり、金額的にも最小限で済み、お互い最良の納得のいく工事になります。

※修理方法:
  1. ルーフィング(防水シート)敷き直し及びふき直し工事
  2. 瓦の下の赤土、シックイのおき直し工事
  3. 谷、捨て板、箱樋、雨押え水切り板金入れ替え工事
  4. その他雨漏り原因に応じての修理工事
雨漏り金額   平部 棟、谷、壁周辺部
●スレート 約5000〜13000円/箇所 約8000〜25000円/箇所
●日本瓦 約8000〜16000円/箇所 約10000〜35000円/箇所

●その他、ガルバ二ウム・トタン・ビニール屋根、サッシ周り、戸袋、外壁、樋からによる雨漏り修理は、  そのつど無料見積もり致します。→無料見積もりはコチラ
よくある質問
Q.3 雨の音がうるさくて眠れないです。屋根を変えることで解決しますか?
A.3

金属屋根(瓦棒、折板など)、トタン屋根(波、ビニールなど)は、どうしても雨の跳ね返り音や、日差しの温度による製品の伸縮や反りにより音がしますね。これをスレート、厚型セメント瓦、日本瓦(和、洋)にふき替えると、それらを解決することができますが、気をつけなければいけないことが3つあります。

  • 屋根勾配は緩くないか?(4.5寸以上?)
  • 屋根タル木、屋根地はしっかりしているか?(瓦の重さに耐えうるか?)
  • 柱に筋かい、梁ははいっていて、基礎はしっかりしているか?

この3つを注意し、万一何かがダメな場合でも、当社専属の大工に手を入れてもらい解消し、雨音のしない、カラーバリエーションのあるスレート、厚型セメント瓦、日本瓦(和、洋)にふき替えると家の雰囲気も、住む気分も明るく、にこやかになることでしょう。

よくある質問
Q.4 どうなれば、屋根のリフォームをしなければいけないのですか?
A.4

建物の立地条件、屋根の形状などにもよりますが、スレートであれば築25〜30年以上、日本瓦では土葺きの築30年以上経っているもので、瓦が以下の状態の時は一度、診断する必要があると思われます。

●天井にシミが入っている
天井にシミが入っている
●屋根瓦の色あせや、表面にコケがついている
屋根瓦の色あせや、表面にコケがついている
●棟瓦下の面土しっくいがはがれ、赤土が見えている
棟瓦下の面土しっくいがはがれ、赤土が見えている
●瓦がずれている(棟部、平部)
瓦がずれている(棟部、平部)
●瓦のヒビ、割れがある
瓦のヒビ、割れがある
●谷樋、谷板金水切りのサビ、穴がある
谷樋、谷板金水切りのサビ、穴がある
●凍害による瓦がかけている
凍害による瓦がかけている
●その他
その他
よくある質問
Q.5 屋根の葺き替えの費用の概算はどのくらいですか?
A.5

屋根の形状、大きさ、瓦の種類、立地条件によって異なりますが、おおよそは以下の通りです。

施工金額

※詳しくは施工例を見て頂ければわかると思います。→施工実績

よくある質問
Q.6 古瓦は買い取ってくれますか?
A.6

はい。当社はFC【古瓦倉庫 徳島】という古瓦を取り扱う業務も行っております。「古瓦活用士」の資格を受けており、基本的に60年以上経過の古瓦を買い取り、再製し、その古瓦を、再度屋根に葺いたり、店舗の庇またガーデニンングなどに活用致します。古瓦は長い年月の間、先代、先々代達を屋根の上からずっと見守ってくれました。いろんな思い出や歴史を培ってきた、まだまだ使える古瓦を、建て替えや、ふき替えで捨てて、処分してしまうのは、本当におしいですよね。鬼瓦や巴瓦はデザイン性に優れており、大きいものは価格も高く評価されます。そんな古瓦を査定し、評価させて頂き、買いとらさせて頂きます。

古瓦を活用した写真がありますのでご覧ください。心癒され、ほのぼのしますよ。→瓦の使い道
古瓦を売りたい方、詳しくはお問い合わせください。→お問い合わせ
よくある質問
Q.7 太陽光発電を、どんな屋根にでも取り付け可能ですか?
A.7

はい、屋根の形状や種類もたくさんございますが、殆ど取り付けることができます。支持瓦という日本瓦や平板瓦の形をしたアルミの取付板を瓦と差し替えて、架台を取付ける工法をはじめ15種類くらいの取付工法があり、当社は、シャープ、京セラ、三菱、サンヨー、松下電工の施工研修を修了しておりますので自信を持って取り付けさせて頂き、また屋根のプロですので、取り付けの際、瓦を傷めたり破損させる御心配は無用です。詳しくは、太陽光発電のページをご覧ください。しかしながら、以下のものは取り付けできません。ご注意ください。

  • 釘打ち止めでなく、土葺きの瓦屋根のもの。
  • 日本瓦、厚型セメント、カラーベスト、金属屋根で現在、雨漏りしている、ひどいサビがたくさんある、表面にたくさんヒビがはいっている、ズレや浮きがたくさんある。
  • 下地が空かし野地板や、下地がコンクリートであっても、厚みが15cm以上ない。
太陽光発電の実績はコチラ→施工実績
よくある質問
Q.8 屋根の工事中、家を空けて大丈夫ですか?
A.8

はい、大丈夫です。ただ電気のコンセントと水道は必要ですので、外にない場合は朝、外出する前に延長コードを出しておいて頂ければ大丈夫です。

よくある質問
Q.9 葺き替えをしてもらった後のメンテナンスは?
A.9

当社は施工後も責任をもってメンテナンスさせて頂きます。完了後10年保証は当たり前ですが、施工後のお客様リスト管理による施工半年後、1年後、3年後、5年後、10年後の定期的お伺いをたてさせて頂くようになっておりますので、その際はよろしくお願い致します。

悪徳業者の手口Q&A
Q.1 「無料屋根診断します。屋根の上を見せて下さい。」って飛び込み営業マンがやって来たけど・・・。
A.1

悪徳リフォーム業者で一番多いパターンですね!飛び込み方式で一件、一件なりふり構わず、とにかく訪問しまくり、セールスのきっかけをつくって来ます。そこで 間違えても決して診断してもらってはダメです!! 屋根瓦点検、診断するのは(社)全日本瓦工事業連盟が認定した【瓦屋根診断技士】という資格の持った方にしてもらいましょう。当社でも【(社)全瓦連認 瓦屋根診断技士】資格者による無料の屋根診断、点検を行っています。お気軽にお申し付け下さい。ちなみに 「瓦がずれていますよ!」などと恐怖心を煽る悪徳業者には、「昔から付き合いのある業者がいるので必要ありません!」といって追い返すのが一番です。 とにかく飛び込みで来るリフォーム業者には絶対に関わらないようにしましょう。

悪徳業者の手口Q&A
Q.2 万一、怪しいフォーム業者を屋根に上らせてしまい、「瓦が浮いてたり、ザレたりいる。このままだと大変ですよ。ちょっとやっておきましょうか?」と言ってきた…
A.2

そこで「あら大変、お願いします。」と言ってはだめですよ。見積もり金額も聞かず、やらせてしまえば後で請求書を見たらビックリ、ぼったくり!聞いたあるリフォーム業者は、屋根上で瓦をもぎ取ったり、踏み割る者もいるそうです。まず、屋根上へ上げてしまったのは仕方なかったとしても、その場で決めず「わざわざ教えてくれてありがとう。知り合いの業者に早速連絡してみてもらいます。」と追い返しちゃいましょう。とにかく相手になってはいけません!

最低でも、他社にも必ず相見積もりを取り、修理の内容と金額をしっかり見比べてみて下さい。悪徳リフォーム業者の見積もり例は【○○工事一式○十万円】とか、【一か所○千円の○百か所の○十万円のところ、○十万円に安くしておきます。】ですが、当社は修理の場合は≪手間と材料と経費≫の必要金額だけの見積もりです。ですので酷い時は10倍金額の違う場合もあります。ですので、多少の金額であっても、心を鬼にして絶対にその場でお願いするのはやめましょう。

悪徳業者の手口Q&A
Q.3 「シリコン防水で瓦止めしないと、台風や地震の時危ないよ。」と言われたけど…
A.3

これはひどい!瓦のこと何も分かっていませんね。
確かに瓦と瓦をシリコンやラバー(ゴム)で貼り付けると、強度は多少強くなり、地震や台風の時に瓦が落下しにくくなります。ですが、そうすることにより瓦屋根の特性を全て潰してしまいます。瓦の間から屋根裏の湿気が逃げなくなり通気性が悪くなり、屋根裏がカビやシロアリの温床になる危険性や、万一台風豪雨などの雨の吹き降りの時に瓦の下に雨が入った場合、雨が抜け落ちる通りにシリコンをしてしまうと、その雨は抜けきらなくなり、逆に雨漏り原因になってしまいます。それよりも軽量の瓦や防災瓦に葺き替えた方が、ランニングコストや安全性を考えたらずっとお得です。絶対にやめましょう。

悪徳業者の手口Q&A
Q.4 何度断っても昼夜問わず訪問し、強引にセールスするから怖くて…。
A.4

許せませんなあ!営業じゃなく、それはただの押し売りですね!

「うち専属の屋根屋さんがいるからけっこうです。」
「親戚に大工さんや屋根屋さんがいるから大丈夫です。」
「主人は工務店に勤めてるので、そこで頼みます。」

って言ってもお構いなしにセールスし、あまりにも度が過ぎる場合は
【いい加減にしてよ!消費者生活センターに電話するよ?】って言ってやって下さい。
これが一番です!あわてて帰りますよ。

ちなみに徳島県は
「消費者110番」 電話:088‐623‐0110
「消費生活センター」電話:088‐625‐2326に連絡しましょう!

悪徳業者の手口Q&A
Q.5 契約してしまったのですが、どうしたらいいですか?
A.5

訪問販売なら8日間のクーリング・オフ期間が設けられています。これは、期間の間ならば無条件で契約を解除する事が出来る制度です。電話ではなく、かならず書面にて通知しなくてはいけません。
業者はあの手この手でクーリングオフをさせないように連絡をしてきたりますが、しまった!と思ったら一日でも早く手続きを終えてしまいましょう!

●悪徳訪問業者に要注意
クーリング・オフとは…
消費者は訪問販売など、特定の取引をいったん契約した場合でも、一定期間内なら自由に契約を解除することができます。訪問販売や電話勧誘販売で契約した場合、契約書面を受け取った日から8日以内なら無条件で契約解除や申込み撤回が可能。マルチ商法や内職・モニター商法では20日以内となります。路上で呼び止められて店へ連れて行かれた場合や、目的を告げられずに電話などで店舗等へ呼び出された場合も適用されます。
悪徳業者の手口Q&A
Q.6 悪徳リフォーム訪問業者は怖いのはわかったけど、
じゃ屋根やリフォームは何処へ頼んだらいいの?
A.6

地元の業者で地域と密着した業者か、親戚や近所の方で屋根やリフォームをされ、仕事も値段的にも良い業者を紹介してもらうか、いない場合は、(社)全日本瓦工事業連盟加盟店で、かわらぶき技能士、瓦屋根工事技士、瓦屋根診断技士の有資格者のある業者に頼むのがいいと思います。

認定証書

 
Copyright (C) 2008 東内つとむ商店 All Rights Reserved.
powered by bizan.com