ロゴ

blogブログ

ブログ
屋根瓦 棟修理

屋根瓦 棟修理

●こんにちは【徳島の屋根をまもる君】です。
あ297


●屋根瓦の修理です。
あ347
築20年ぐらいの寄棟2階です。
あ348
瓦は陶器瓦S型を葺いてますが、棟を良く見ると…
あ349
漆喰がとれているし…
あ351
銅線で留めてる棟瓦が浮いています。
あ350
ここもガタガタですね。
お客様によると、周りが畑で風が良く当たり、何度その部分だけ修理しても、またズレたり浮いたりするそうです。そしてそれに付け込んで、悪徳訪販が毎日のように来て困っているそうです。
ということで、あとのメンテナンスいらないように徹底的に直す方向で工事することにしました。
あ352
まず、棟瓦の下の赤土を全て取り除きます。
あ353
そして取り出したのはこれ!
強力棟金具です。
あ354
こうして屋根地の上に数ヶ所取り付けます。
あ355
その上にタルキを這わします。
あ356
両サイドにたっぷり南蛮を敷き詰めて…
あ357
再度棟瓦を置いて、垂木にパッキン付きビス留めすればOK!!
これなら地球がひっくり返っても棟瓦は落ちないし、ずれないでしょう?
悪徳リフォーム訪販なら、ただコーキングす修理るだけで数十万円とるそうです!!
ちなみに今回、この工事では棟瓦4本、強力棟金具で葺き直しましたが、工事金額は十万円以下で請求させて頂きました。
みなさん!悪徳ぼったくりリフォーム訪問業者には、くれぐれも引っ掛からないようにして下さいね。
業者選びは、地域に根差した実績と信用のある、そして(社)全日本瓦工事業連盟加盟店にしましょう!!